ホームページを開設いたしました!

ホームページを開設いたしました。

今後とも薬師館を宜しくお願い致します。


TOJIBA 会員規約 2022年7月28日更新

利用規約

この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,株式会社薬師館Sauna space TOJIBA(以下,「当社」といいます。)がこの会員への提供する会員向けサービス(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。会員の皆さま(以下,「ユーザー」といいます。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。

年会費 36500円(税込)
発行枚数 100枚
退会者がでた場合に限り会員を募集するものとします。
入会日 毎年2月1日から1年間

入会特典
【1】2022年10月2週目からの利用の先行予約可能
10月は先行予約、Makuakeリターンの方の利用のみとなります。

【2】通常3ヶ月前からのご予約を4か月前から受け付けます。

【3】水着、ポンチョ レンタルできます。

【4】菱野温泉薬師館の宿泊ご利用が10%OFF(1度の利用で2名まで)
ご予約いただいた料金より10%OFFでご宿泊いただけます。(入湯税は含まれません。)

第1条(適用)

  1. 本規約は,ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
  2. 当社は本サービスに関し,本規約のほか,ご利用にあたってのルール等,各種の定め(以下,「個別規定」といいます。)をすることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず,本規約の一部を構成するものとします。
  3. 本規約の規定が前条の個別規定の規定と矛盾する場合には,個別規定において特段の定めなき限り,個別規定の規定が優先されるものとします。

第2条(利用登録)

  1. 本サービスにおいては,登録希望者が本規約に同意の上,当社の定める方法によって利用登録を申請し,当社がこれを承認することによって,利用登録が完了するものとします。
  2. 当社は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
    1. 利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
    2. 本規約に違反したことがある者からの申請である場合
    3. その他,当社が利用登録を相当でないと判断した場合

第3条(ユーザーIDと会員カードの管理)

  1. ユーザーは,自己の責任において,本サービスのユーザーIDおよびカードを適切に管理するものとします。
  2. ユーザーは,いかなる場合にも,ユーザーIDおよび会員カードを第三者に譲渡または貸与し,もしくは第三者と共用することはできません。
  3. ユーザーID及び会員カードが第三者によって使用されたことによって生じた損害は,当社に故意又は重大な過失がある場合を除き,当社は一切の責任を負わないものとします。

第4条(利用料金および支払方法)

  1. ユーザーは,本サービスの有料部分の対価として,当社が別途定め,本ウェブサイトに表示する利用料金を,当社が指定する方法により支払うものとします。
  2. ユーザーが利用料金の支払を遅滞した場合には,会員登録を解除するものとします。
  3. 当サービスの営業終了の場合は、営業終了日から起算して利用日を日割りにより返金するものとする。
  4. お客様事由による中途退会での返金は行わないものとします。

第5条(禁止事項)

ユーザーは,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。

  1. 法令または公序良俗に違反する行為
  2. 犯罪行為に関連する行為
  3. 本サービスの内容等,本サービスに含まれる著作権,商標権ほか知的財産権を侵害する行為
  4. 当社,ほかのユーザー,またはその他第三者を妨害したりする行為
  5. 本サービスによって得られた情報を商業的に利用する行為
  6. 当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
  7. 不正アクセスをし,またはこれを試みる行為
  8. 他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
  9. 不正な目的を持って本サービスを利用する行為
  10. 本サービスの他のユーザーまたはその他の第三者に不利益,損害,不快感を与える行為
  11. 他のユーザーに成りすます行為
  12. 当社が許諾しない本サービス上での宣伝,広告,勧誘,または営業行為
  13. 面識のない異性との出会いを目的とした行為
  14. 当社のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
  15. その他,当社が不適切と判断する行為

第6条(本サービスの提供の停止等)

  1. 当社は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
    1. 本サービスに営業に係る保守点検または更新を行う場合
    2. 地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合
    3. 施設が事故により停止した場合
    4. その他,当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
  2. 当社は,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても,一切の責任を負わないものとします。

第7条(利用制限および登録抹消)

  1. 当社は,ユーザーが以下のいずれかに該当する場合には,事前の通知なく,ユーザーに対して,本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し,またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。
    1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    2. 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
    3. 料金等の支払債務の不履行があった場合
    4. 当社からの連絡に対し,一定期間返答がない場合
    5. 本サービスについて,最終の利用から一定期間利用がない場合
    6. その他,当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
  2. 当社は,本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について,一切の責任を負いません。

第8条(退会)

ユーザーは,当社の定める退会手続により,本サービスから退会できるものとします。

第9条(保証の否認および免責事項)

  1. 当社は,本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性,信頼性,正確性,完全性,有効性,特定の目的への適合性,セキュリティなどに関する欠陥,エラーやバグ,権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。
  2. 当社は,本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について、当社の故意又は重過失による場合を除き、一切の責任を負いません。ただし,本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合,この免責規定は適用されません。
  3. 前項ただし書に定める場合であっても,当社は,当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社またはユーザーが損害発生につき予見し,または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また,当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償は,ユーザーから当該損害が発生した月に受領した利用料の額を上限とします。
  4. 当社は,本サービスに関して,ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第10条(サービス内容の変更等)

当社は,ユーザーへの事前の告知をもって、本サービスの内容を変更、追加または廃止することがあり、ユーザーはこれを承諾するものとします。

第11条(利用規約の変更)

  1. 当社は以下の場合には、ユーザーの個別の同意を要せず、本規約を変更することができるものとします。
    1. 本規約の変更がユーザーの一般の利益に適合するとき。
    2. 本規約の変更が本サービス利用契約の目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。
  2. 当社はユーザーに対し、前項による本規約の変更にあたり、事前に、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期を通知します。

第12条(個人情報の取扱い)

当社は,本サービスの利用によって取得する個人情報については,当社「プライバシーポリシー」に従い適切に取り扱うものとします。

第13条(通知または連絡)

ユーザーと当社との間の通知または連絡は,当社の定める方法によって行うものとします。当社は,ユーザーから,当社が別途定める方式に従った変更届け出がない限り,現在登録されている連絡先が有効なものとみなして当該連絡先へ通知または連絡を行い,これらは,発信時にユーザーへ到達したものとみなします。

第14条(権利義務の譲渡の禁止)

ユーザーは,当社の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。

第15条(準拠法・裁判管轄)

  1. 本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。
  2. 本サービスに関して紛争が生じた場合には,当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

株式会社薬師館 役員

代表取締役 マネジャー  花岡隆太
プロフィール
1980年7月5日生まれ高校卒業後株式会社すかいらーくに入社。
店舗マネージャー、新店舗の立ち上げ業態転換等を行い、2008年に有限会社常盤館入社。
商品開発・オペレーションマネジメントを行う。

2012年 常盤館 取締役
4月株式会社薬師館に入社。取締役
菱野温泉のラボラトリーの役割を担う場として、薬師館の運営にあたる。

2021年9月 代表取締役就任

 

取締役 花岡薫 (有限会社常盤館 代表取締役)
取締役 花岡隆 (有限会社常盤館 取締役)

 

2021年9月1日現在

会社概要
沿革
役員情報


沿革

1191年 『鳥羽院の稲室龍洞と云う馬宰士が戦傷を負い、諸国を巡遊するうち、此の地に来て観音洞に籠った。ある日龍洞の枕辺に如来が現われ「今吾は汝の正しき心と厚き信心を知る。依って汝に其の傷を癒するの道を授けん」と霊泉の場所を教えられ、龍洞が発見した』と伝えられてる。
参考出典:昭和12年北佐久郡大里村役場 大里村々勢一覧

1617年 初代小諸領主・仙谷秀久の息子、2代目小諸領主・仙石忠政公の愛娘が病に襲われ、医薬が効かなく苦悩の日々を送っていた。 ある日、この霊泉に目が向けられ、薬師に祈願を凝らして入浴すると、不思議にも日ならずして平癒した。仙石家では大いに喜び、湯主・荻原家に対して「効験多いこの霊泉を、世に知らせざるは惜しきことなり」と、青銅五十貫文を賜り、薬師堂ならびに湯小屋を建てるよう言い渡した。
湯主は、入湯者一人につき三文の入湯料を取り、うち一文を湯運上として上納することが定められた。即ち、これが菱野温泉(薬師館)の営業開始の第一歩である。
参考出典:小諸市教育委員会発行 小諸市誌近現代篇より

 

文化十一年(1814)

野火により堂宇と宿が焼失してしまう。

 

文政三年(1820)

堂及び宿を再建する。この時宿の名を「薬師館」と改め、参拝者や湯治客に親しまれていました。また「子宝の湯」としても婦人にも人気があった。

この頃から明治初期にかけて薬師堂の秋の祭礼や農閑期の湯治客が増え、自炊、半自炊、賄付など客の希望に応じた湯治が行われていたといいます。

 

昭和三年(1928)

菱野薬師の藤谷最順師はお堂の大修繕と境内の風致保存に努められました。同年常盤館は洋室を含む70の客室をもつ新館をつくり新しい浴室や娯楽施設を備えた

昭和八年(1933)

野口雨情が菱野温泉の地を訪れたのは、雨情52歳の時であった。

 明治・大正・昭和、全日本民謡作家百人集の小諸市の白鳥秋声氏の自叙伝に次のように記されてます。
『秋声氏が吉祥寺の野口雨情を訪ね、小諸菱野薬師館で、小唄作詩を依頼し、三泊同宿した。』と書いてある。

 

 

長野県小諸市北部にある菱野温泉の温泉旅館である。その史実を遡ると江戸時代から温浴施設としての営業を行っている。

その後、湯治場として人々の交流場として栄え、昭和時代には人気の旅館として東京駅の駅前に看板が立つなど小諸市内に観光客を引き込む牽引役であった。

2012年4月に小諸市の温泉地菱野温泉郷の面的再生案の柱として、(有)常盤館が(株)薬師館を買収、同4月に(有)常盤館の運営子会社として、株式会社薬師館を設立。

2012年8月 ロビー、大正時代のモダンな雰囲気を残しつつレストラン他客室の一部を改装してリニューアルオープン。

2014年 シャンプー・リンスを50種類以上から選べるシャンプーバーなどのアメニティサービスを拡充。

2016年 イタリアン中心の夕食から小諸の名物である「そば」を中心としたメニューに食事を大幅リニューアル。

2017年 定休日制度を導入。

2018年 短時間正社員制度を導入。

2019年 小諸産の自家製十割そばの提供開始。

2020年 温泉の素作成のためのクラウドファンディング実施。
目標金額を達成し、温泉の素の作成を行い販売開始。

2021年 浴場「薬師の湯」をリフォーム

 

会社概要
沿革
役員情報

 


株式会社薬師館  会社概要

株式会社 薬師館
法人番号 9100001025333

代表者
代表取締役 花岡隆太
役員情報詳細はこちら

事業内容
・旅館運営事業
・温泉事業
・イベント企画/運営事業
・版権商品の企画/販売事業
・前各号に付随する一切の業務

所在地 長野県小諸市大字菱平740
ウェブサイト https://www.yakushikan.com/
電話 0267-22-0077

親会社
有限会社常盤館(株式100%保有)
http://www.tokiwakan.com/

 

会社概要
沿革
役員情報